福岡市で不動産を売りたいならこの業者におまかせ!口コミで評判のいい不動産買取業者をランキング形式で紹介します。

家が売れないのはなぜ?スムーズに売却するための解決策とは

公開日:2022/04/15

家を売りに出したものの、一向に売れないと不安ですよね。売れない間も固定資産税を払う必要があり、長引けば長引くほどストレスになります。家が売れないのは、必ず何か理由があります。まずは売れない理由をみつけて、売却に向けての対策を考えましょう。この記事では、家が売れない理由とスムーズに売却するための解決策をご紹介します。

家が売れない理由を考えてみよう

家を売りに出してから購入されるまでの期間は平均で6か月です。それ以上経っても売れないときは、建物の状態や販売方法に何かしらの原因があるはずです。ここでは、家が売れない理由をいくつか挙げてみます。

築年数が経過している

家が古いと老朽化が目立ち、購入後の修繕やリフォームの必要性が感じられます。修繕費用がかかることは買い手にとって負担になります。物件自体が安くても、購入をためらう原因になるでしょう。

何らかの瑕疵要素がある

瑕疵とは物件が抱える「欠陥」のことですが、建物自体の問題もあれば周辺地域の環境の問題もあります。事故物件はもちろん、近くにゴミ処理場や墓地、火葬場などがある物件は敬遠されがちです。

囲い込みされている

「囲い込み」とは、契約した不動産会社が売主と買主の両方から仲介手数料を得るための手法です。囲い込みするときは他の不動産会社に販売情報を知らせないようにするため、狭い範囲で買い手を探すことになり、売却期間が長引く可能性があります。

内見時の印象が良くない

せっかく購入希望者が現れても、実際に足を踏み入れたときに部屋が散らかっていたり汚れていたりすると悪印象を与えます。内見時の売主の対応も、物件のイメージに影響することがあります。

広告の量や質に問題がある

広告の量が少ないと、必然的に購入希望者に出会う確率は減ります。現代は家探しの際にインターネットで情報を得る人が多いため、不動産ポータルサイトへの掲載がされていないと、買い手がみつかりにくくなります。また、家の購入を考えるときに広告の写真は判断材料として重要です。物件が魅力的に見えるように工夫する必要があります。

売れないときはどうしたらいいのか

家が売れないときは、付加価値をつけたり販売方法を見直したりすることで改善できる可能性があります。家をスムーズに売却するために、次のような対策を検討してみましょう。

インスペクションを依頼する

インスペクションとは、家の設計・施工を熟知した専門家が家の状況を調査し、欠陥部分や劣化状況を確認することです。不具合があっても修繕することで家の状態が良くなり、買い手も安心して購入することができます。

瑕疵担保保険をつける

瑕疵担保保険とは、物件購入後に不具合がみつかった場合に、修繕費用を保険料でまかなうことができる保険です。瑕疵担保保険はインスペクションを実施していることが必須条件です。家の状態が調査されていることのアピールにもなり、付加価値をつけることで購入希望者に安心を与えることができます。

水回りのリフォームをする

中古物件で特に気になるのはキッチンやお風呂、トイレなどの水回りではないでしょうか。劣化や汚れが目立ちやすい水回りを重点的にリフォームすることで、家全体の印象が良くなるでしょう。

広告を見直してみる

掲載されている広告の量や内容を不動産会社任せにしている人も多いかもしれませんが、広告を見たときにどんな印象を受けるか、客観的に見てみるのもおすすめです。家の外観や部屋の雰囲気がよい写真になっているか、周辺の環境や利便性が伝わる情報が記載されているかを見直してみましょう。

不動産会社を変える

囲い込みをされている場合や、不動産会社の販売力が低い場合は、他社への変更を考える必要があります。一戸建ての売却実績が豊富で、積極的な販売活動をしてくれる不動産会社を選びましょう。ただし不動産会社を変更する際は、現在の契約内容をよく確認してください。専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合は、契約期間が満了してからでないと不動産会社の変更ができないので注意してください。

なかなか売れないときは買取を考えるのも手

売却するための対策をしても売れない場合や、一刻も早く売却したい場合は買取も視野に入れましょう。買取は不動産会社が直接家を買い取るので、広告を出して買主を探す必要がありません。不動産会社は買い取った物件をリフォームしてから新たに販売するため、古い物件でも買い取ってくれる可能性は大きいです。

ただし、購入後にリフォームすることを前提での買取なので、売却額は相場の物件価格よりも安く提示されます。売却価格は下がりますが、どうしても家が売れずに悩んでいる人には、買取を考えることをおすすめします。

 

家が売れない理由と、スムーズに売却するための解決策をお伝えしました。中古物件で築年数が経っていると、なかなか買い手が現れないことがあります。古いだけでなく、何らかの瑕疵がある場合や不動産会社に原因がある場合も考えられます。できる限りの対策をしても売れない場合は、買取も視野に入れて、早めの売却を実現させましょう。

【福岡市】おすすめの不動産買取業者ランキング

商品画像1
2

3
4
5
商品名エルももち/イエステーション早良店ナカジツ(じょうなん店)センチュリー21永観福屋不動産販売(早良店)すみなび西新店
特徴地域密着で3種類の口コミ評価がNo1の不動産会社5つの不動産売却方法から自分にあった方法を選べる地域密着の豊富な実績と、最大級の不動産ネットワーク地域密着で50年以上蓄積された情報とノウハウがある売却プランの中から、オーナーが満足できるプランを提案
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧